height(s) | takatokyo.exblog.jp
bone / オープンハウス
a0028959_2328541.jpg
狭小敷地+軟弱地盤+近隣隣接、そして限られた予算・・・。クリアしなくてはならないたくさんのハードルに対して設計者+構造設計者の出した答えが、3層吹抜けのRC造フレームとその中に木造でつくられた床・壁・屋根という究極のSIシステム。建築の最大の特徴であるスケルトンとインフィルの関係性が、予算の都合か、仕上げで隠れてしまっていたのは残念なのだけれど、施主にとっては希望が叶った唯一無二の住宅。何度も打合わせたであろう設計プロセスの中にこそある、芯の通った建築家マインドを感じました。

岡村泰之建築設計事務所
[PR]
by takatokyo | 2007-03-03 23:31 | ARCHITECTURE
<< ゆれる となり町戦争 >>



****
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30