height(s) | takatokyo.exblog.jp
<   2008年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧
ハバナのうた
a0028959_1465461.jpg
アルバムで見せてもらった東欧の写真は透明感があり、日本の写真はしっとりと艶やか。それに比べると、草花や街並み、そして人々の表情と、ハバナの澄んだ空のもとでは、すべてが鮮やかに見える。写真って、目に見えない空気の色も表現できるんだなぁ。

吉次史成 写真展「ハバナのうた」 / Afterhours
[PR]
by takatokyo | 2008-08-31 17:44 | EXHIBITION
フクヘン。展
a0028959_1372630.jpg
この日あった、フクヘン。こと鈴木芳雄さんと茂木健一郎さんのトークイベントを道端から聴く。終わる間際に着いたので短い時間でしたが、『夢』や『旅』などの抽象的な質問に、「オレはね〜」と普段着の口調で、熱く論理的に語る茂木さんの姿が印象に残りました。

フクヘン。展 / GALLERY at lammfromm
[PR]
by takatokyo | 2008-08-31 15:55 | EXHIBITION
TRIUMPH
a0028959_2359572.jpg
コバケンのトライアンフは、まさにマジック。

K.K.P.
[PR]
by takatokyo | 2008-08-30 20:57 | LIFE
UDS、民事再生法の適用を申請。
a0028959_335166.jpg
レイコフ、スルガ、ゼファー、アーバン、セボン、創建・・・。そして今日、UDSこと都市デザインシステムも、民事再生法の適用を申請したとの発表がありました。数ある不動産会社の中でもUDSは、コーポラティブハウス、リノベーションやコンバージョンなど、不動産の新たな領域を開拓してきた会社だっただけに、非常に残念なニュースでした。この状況に至るには、建築確認申請の厳格化、サブプライムローン、原油価格の高騰などの複合的な要因があるにしても、毎週のように不動産会社が破産しているこの数ヶ月は異常事態。そしてこのまま、右向け右で各金融機関が不動産事業への融資をストップし続けると、さらなる倒産会社を生み出し、優良な不動産事業を中心に、外資にごっそりもってかれるのは時間の問題。あぁ、ニホンて国は。

都市デザインシステム
大型倒産速報 | 帝国データバンク
[PR]
by takatokyo | 2008-08-29 23:03
青空を映す。
a0028959_09558.jpg
[PR]
by takatokyo | 2008-08-25 23:08 | PHOTO
風鈴
a0028959_0175092.jpg
伊東豊雄+takramによるインスタレーション。人感センサーにより隣接するもの同士が呼応し合い、光と音を発する風鈴は、全体が個体を動かすのではなく、個体が全体を動かす仕組み。ユビキタスネットワークもそうですが、次世代社会はこういう姿になるのでしょうね。

風鈴 / オカムラデザインスペースR
[PR]
by takatokyo | 2008-08-18 12:16 | EXHIBITION
金沢ビーンズ
a0028959_1393637.jpg
日本最大級の豆型建築・・・あらため日本最大級の書籍専門店「金沢ビーンズ」。中国拠点の迫さんがなぜ金沢で?という疑問は残りますが、ロードサイド型店舗としてのユニークな外観は、道行く人の印象に残るわかりやすい建物。ちなみに、平面形状はもちろん、看板、サイン、レジカウンター、家具など、いたるところ豆づくし。そして、横長の開口部は室内側で、壁面を覆う本棚のアルコーブ状の立ち読み台になっています。

金沢ビーンズ
建築マップ金沢 / Google Maps
[PR]
by takatokyo | 2008-08-17 18:38 | ARCHITECTURE
ロン・ミュエック 展

最新作「ガール」は、人間が誕生したばかりの姿を、うぶ毛の一本一本から、薄く透けて見える血管、しっとりとした肌の質感まで、リアルに表現した巨大な人工造形物。今にも呼吸をし始めそうな圧倒的存在感は、見る者の身体感覚を揺さぶらせるに充分だ。

ロン・ミュエック 展 / 金沢21世紀美術館
[PR]
by takatokyo | 2008-08-16 17:32 | EXHIBITION
箱根/東京 24
a0028959_0575193.jpg
朝イチのポーラ美術館から始まった箱根ドライブは、芦ノ湖を眺めながらの石窯ピザ、自然味あふれる温泉とその休憩所、村野藤吾設計のホテルを見たあと、材木座海岸の海の家。そして東京に戻った後で、九品仏のD、原宿のnomama、朝イチの築地のラーメンで〆・・・という24時間コースに。
[PR]
by takatokyo | 2008-08-14 12:56 | LIFE
ジュリアン・オピー 展
a0028959_1843547.jpg
真ん丸の目の人物画。肩と腰を入れて歩くアニメーション。コンピューター上でのデジタルなモノであるからこその多種多彩な表現方法やそのフレーム。極太のアウトラインで描かれたこれらの作品は、ジュリアン・オピーの作品であるという予備知識がなくとも、単なるイラストやピクトグラムと同列に扱えないことを感じさせる。ポップで軽快で、商業的な美しさを持つ、現代らしいアーティスト。

ジュリアン・オピー 展 / 水戸芸術館
[PR]
by takatokyo | 2008-08-13 13:55 | EXHIBITION



****