height(s) | takatokyo.exblog.jp
<   2008年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧
アートは心のためにある
a0028959_0483530.jpg
スイスに拠点を構える金融機関UBSの現代美術コレクション展。サッカー好きとしての注目作は、ピッチ上に立つ選手の規律ある動きを捉えたグルスキーのFortuna Düsseldorf。よく見ると、ベルガンプ、クライファート、ダービッツらが写っているように、オランダ代表の試合を選んだところがにくいですよね。

アートは心のためにある:UBSアートコレクションより / 森美術館
[PR]
by takatokyo | 2008-03-30 11:47 | EXHIBITION
日本語のゆくえ

最終章で著者は、二十代、三十代の詩人の特徴を「塗りつぶされたような『無』」と指摘している。それはつまり、現代の詩の表現が共通して、過去とも、未来とも、場合によっては現在とも断絶した目標のない状態になっているということだ。ここで少し視点を変えると、建築デザインにおいても、近頃は三十代の建築家の活躍がめざましく、数々の魅力的なプロジェクトが実現している一方、その解釈については、僕自身も思考停止に陥ることがよくある。「日本のゆくえ」とも関わりかねない、現代のわからなさについて。その先にある表現を探るためにも、まずは自分自身の問題として考えていかなければならない。

日本語のゆくえ / 吉本隆明
[PR]
by takatokyo | 2008-03-29 02:51 | BOOK
IDEE SHOP Jiyugaoka
a0028959_16311.jpg
イデーの新店舗が自由が丘にオープン。経営体制が変わり、昨年には象徴ともいえる南青山店が閉店になるなど、一時期の勢いがなくなったかのようにも感じていましたが、カフェやグリーンショップも併設された新店舗は、南青山店を再現したかのような充実ぶり。当時のようなポップさは薄まったものの、落ち着いたトーンのオリジナル家具やセレクトされた雑貨など、センスの良さは健在でした。

IDEE
[PR]
by takatokyo | 2008-03-28 22:59 | LIFE
vs バーレーン
a0028959_1135793.jpg
ワールドカップ・アジア地区3次予選。アウエーでの試合は、代表の主力選手が揃うレッズとガンバの不振と同調したかのような試合内容で、終わってみれば、相手のゲームプラン通りの0-1にて敗戦。ともかく今日は、弱気な3-5-2のシステムが、中盤のためと流動性を無くし、さらにはサイドの選手を孤立させてしまっていたよ。大丈夫か岡ちゃん・・・。
[PR]
by takatokyo | 2008-03-27 01:39 | SPORTS
めがね

僕はめがねをかけていませんが、たそがれる才能は、人並み以上にあるかなと思ってます。メルシー。

めがね
[PR]
by takatokyo | 2008-03-25 22:44 | FILM
ガレとジャポニズム
a0028959_2144462.gif
アール・ヌーヴォーの芸術家「エミール・ガレ」と19世紀ヨーロッパにジャポニズムのムーブメントを起こした「日本美術」。展覧会では、ガレ作品と日本の美術品を同時に並べることで、作品のモチーフからその思考に至るまで、日本の美意識がガレに与えた影響の深さを秀逸に表現していました。ガレ作品では、最後の部屋で待つ、脚付杯『蜻蛉』の妖艶な美しさが必見。また、宮川香山の蟹という、意表をつくアクセントもさすがでした。

ガレとジャポニズム / サントリー美術館
[PR]
by takatokyo | 2008-03-23 17:04 | EXHIBITION
桜開花
a0028959_1812080.jpg
[PR]
by takatokyo | 2008-03-22 15:01 | PHOTO
椿
a0028959_1801035.jpg
[PR]
by takatokyo | 2008-03-22 14:58 | PHOTO
川俣正[通路]
a0028959_147509.jpg
広場があったり、木陰があったり、丘があったり、どこかの家の庭にこっそり入っていったり・・・実際にはそういうものはないのだけど、この日は美術館の広くて平らな空間が、たくさんのベニヤ板の壁によって、自由に人が集まる原っぱのようになっていました。

川俣正[通路]/ 東京都現代美術館
[PR]
by takatokyo | 2008-03-20 14:46 | EXHIBITION
datamatics
a0028959_1385783.gif
最小単位まで分解された情報が、音楽として身体全体に響き、映像として脳内に伝達される。それはまるで、潜在意識の中で激しい雨に打たれるような感覚。

datamatics [ver.2.0] 完全版 / Ryoji Ikeda
[PR]
by takatokyo | 2008-03-16 19:56 | EXHIBITION



****
最新のトラックバック
IGLU blog スタ..
from IGLU blog
80mmの茶のみ話
from komipibuDAYS
デザイン話とコーヒーとド..
from Afterhours web..
カテゴリ
全体
ARCHITECTURE
BOOK
CET
EXHIBITION
FILM
LIFE
MUSIC
PHOTO
SPORTS
TAKATOKYO
以前の記事
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
more...
検索
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧