height(s) | takatokyo.exblog.jp
<   2008年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
クマグスの森 展
a0028959_0592581.jpg
博物学者、生物学者、民俗学者、上半身裸で森に立ちはだかる坊主頭の男、南方熊楠。まったく捉えどころがない人物なのだけど、なぜか惹きつけられて頭から離れない。展覧会は消化不良のまま自宅に帰り、そのままシリーズ講演会の茂木健一郎×池上高志の回を約2時間、一気に聞いた。つまりは3人とも「生きのいい生き物」なんだよなぁ。

クマグスの森 南方熊楠の見た夢 / WATARI-UM
[PR]
by takatokyo | 2008-01-27 00:57 | EXHIBITION
積雪と植物
a0028959_0295790.jpg
[PR]
by takatokyo | 2008-01-23 09:20 | PHOTO
hokka60
a0028959_1323525.jpg
同郷の北陸製菓のビスケットが60VISIONに仲間入りしていました。身近にありすぎていたせいか、意識して食べていた記憶はないのですが、買って食べてみると安心できるなつかしい味。次は瓶買いしてしまいそう。

hokka60
[PR]
by takatokyo | 2008-01-21 01:24 | LIFE
Mahler: 10 Symphonien (Box Set)
a0028959_116464.gif
昨年、とあることからもらったiTune Card 1,500円分を使うべく、iTune Storeを物色していたところ、こんなCDをみつけてしまいました。それが、マーラーの交響曲第1番〜第10番までの豪華10枚組ボックス!トータルの演奏時間は11時間オーバーなのに、指揮はカラヤンの後任でベルリンフィルの首席指揮者になったアバド(ちなみにアバドの後任は現職のラトル)なのに、・・・なぜか価格は1,500円。ちょうどよくカードを使い切りましたが、これってiTune Storeのミス?

Mahler: 10 Symphonien (Box Set) Berliner Philharmoniker & Claudio Abbado
[PR]
by takatokyo | 2008-01-17 01:17 | MUSIC
北欧デザインを知る:ムーミンとモダニズム

とくに印象的だったのが、本文中に書かれた『例えば同じ10万円だったとして、子犬を買うときの目と、洗濯機を買うときの目は一緒だろうか?』という筆者の問い。この問いには、「メーカーは、長く愛される製品を作っているのか?」そして「私たちは、物を買うということへの責任感を持っているか?」という思いが込められています。現在活躍されている日本人デザイナーでいうと、秋田道夫さんや柴田文江さんの考え方とも通ずるものがありますが、北欧デザインの中に生き続けているモダニズムの思想は、サステナビリティが求められるこれからのものづくりに対して、新たな価値を生み出すきっかけとなることを感じました。今日が最終日の北欧モダン展の復習にも最適です。

北欧デザインを知る:ムーミンとモダニズム / 渡部千春
[PR]
by takatokyo | 2008-01-14 02:24 | BOOK
芸術人類学

2005年に金沢21世紀美術館で開催された「マシュー・バーニー:拘束のドローイング」展。理解度という点では、あれほど不完全燃焼に終わった展覧会はありませんでしたが、会期中に行われた講演内容を元に加筆修正されたこの本の『十字架と鯨』の章を読んで、ようやく自分なりに整理ができました。まず、代表作「拘束のドローイング」シリーズのテーマが、『西欧文化(キリスト教文化)における創造の原理であった「自由」と「拘束」のバランスが崩れつつある現代社会において、そのギリギリの均衡状態を身体的に出現させることによる、新しい芸術表現の追求』であること。そして、その最新作である「拘束のドローイング 9」は、『「茶道と捕鯨」をテーマに、西欧文化の「拘束」と日本文化の「型」を対比・融合し、新たな創造原理を生み出そうとした作品』であること。・・・その他の章も含め、かなり読み応えのある一冊でした。

芸術人類学 / 中沢新一
[PR]
by takatokyo | 2008-01-09 00:32 | BOOK
Cuore Uno
a0028959_223984.jpg
橋本直明さんの建売プロジェクトのオープンハウス@東松原。細長い変形敷地に対して、ワイドスパンの「L」と中庭を囲む「C」の2住戸が建ち並ぶこと。そして、接道となる協定道路を石敷きにすることで、新しい街並みをつくっていました。マンション販売が停滞している今、建売は侮れません。

Cuore Uno
[PR]
by takatokyo | 2008-01-06 16:00 | ARCHITECTURE
鈴本演芸場
a0028959_22221326.jpg
正月寄席ということで噺家が多く、小咄中心の入れ替わり立ち替わりだったのだけど、昨年それぞれ名跡を襲名した正蔵木久扇はさすが。懐が深い口調で聞きやすく、初の鈴本は充分楽しめました。ただ、建物的には末廣亭のほうが雰囲気があっていいですね・・・。

鈴本演芸場
[PR]
by takatokyo | 2008-01-06 11:21 | LIFE
こまいぬ
a0028959_8395555.jpg
初詣にて、ファンキーな狛犬(こまいぬ)発見。雪のいたずら。
[PR]
by takatokyo | 2008-01-02 19:38 | LIFE
あたらしい年がはじまりました
a0028959_0335545.gif
今年もよろしくお願いします。
[PR]
by takatokyo | 2008-01-01 00:44 | TAKATOKYO



****
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31