height(s) | takatokyo.exblog.jp
<   2006年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
headphone music
a0028959_2320125.gif
ナイス、ジャケ!スネオヘアー×グルビ。

headphone music
[PR]
by takatokyo | 2006-06-29 23:26 | MUSIC
Robin Rhode / SHISEIDO GALLERY
a0028959_9314089.jpg
CGでは決して表現できない、想像力のリアリティ。チョーク一本で都市と遊ぶアーティスト。

Robin Rhode / SHISEIDO GALLERY
[PR]
by takatokyo | 2006-06-25 10:35 | EXHIBITION
水彩画展「絵のある旅」
a0028959_0135916.jpg
大学の同期の初個展を神楽坂に見に行く。昔から絵は好きで、旅に行くたびに書いていたのは知ってるけど、こんな早く個展(!)をするとは驚きでした。今回の絵は、ラオス・タイに3週間行ったときに書いたもので、この日も会場で旅の中での人との出会いや苦労話など、お互いの近況報告を含め、2時間くらい話をしました。ずいぶん久しぶりだったんだけど、仕事も絵もがんばってる姿を見て、僕自身にとっても刺激を受けるイイ機会となりました。会期は今月末の6/30までですが、お近くにいかれた際にはぜひ。

絵のある旅 / レストラン「ピエトロ」(新宿区神楽坂6-22 ・ 11:00~22:00 ・ 03-3260-2227)
[PR]
by takatokyo | 2006-06-24 12:12 | EXHIBITION
IN JAPAN / Michael Kenna
a0028959_21494889.jpg
先週のギャラリーに引き続き、恵比寿の写美に見に行く。何かの雑誌で解説されていたけど、マイケル・ケンナは写真のプリントサイズにこだわっているらしい。確かに、大き過ぎず、小さ過ぎず、一定の距離をおいて見ると画面に集中できるちょうど良いサイズ。たくさんある写真の中でも特に、雪景色のシリーズは、ホワイトアウトした背景の中にある自然の木々や人工的な構築物とそれを見る自分とが、写真の持つイメージの中に吸い込まれて対話しているような錯覚を感じる。1対1で向かい合い、対話しながら作品を感じ取ること。これがマイケル・ケンナの写真に引き付けられる理由なのかもしれない。

IN JAPAN / Michael Kenna
Michael Kenna
[PR]
by takatokyo | 2006-06-24 10:48 | EXHIBITION
JAPAN 1 - 4 BRAZIL
a0028959_21261943.jpg
グループF4位で予選敗退・・・これが今の日本代表の現実。この試合も歓喜は始まりの一瞬だけだった。今大会、日本代表には、チームとしての意識統一が決定的に欠けていたように思う。選手それぞれの戦術に対する意識のズレ、モチベーションのズレなどは試合中の動きを見ていても伝わってくる。監督・選手・スタッフが一丸となって戦えていたのであれば、こんな結果にはならなかったはず。結局のところ、日本の最大の敵は、自分達だったのかもしれないな。とにかく、負けは負けだ。

JAPAN 1 - 4 BRAZIL / 拳組
[PR]
by takatokyo | 2006-06-23 06:29 | SPORTS
2年+2日
a0028959_23581360.jpg
ブログを始めて、ちょうど2年+2日が経ちました。

管理画面によると、これまでに「362件の記事」「854件のコメント」「236件のトラックバック」「50,945人の訪問者」があるそうで、平均すると『約2日に1記事』という、自分の意外とこまめな性格を発見した気がします。また、コメント・トラックバックをくださった方々、1度でもこのブログ見ていただいた方々、皆さんの存在が書き続けていく上での大きな支えとなっていました。ありがとうございます。

最近記事を書く際に気にかけていることは、単に情報を発信するのではなく、自分なりのフィルターを通して、体験したこと、考えたこと、感じたことなどを伝えていくことです。とても単純で基本的なことですが、自分としてはこの点がまだまだ甘いなぁと反省しています。そんなことを日々考え、自分なりのものの伝え方を模索しながらも、これまでと同じようにブログは続けていきます。そうしていく中で、共感、意見、感想、情報交換などなど、これまで以上に皆さんからのコメント・トラックバックがいただければとても嬉しいです。

最後に、今見ると恥ずかしいのですが、約2年前の1番最初に書いた記事をリンクしておきたいと思います。
それでは、今後ともNEUTRULEとtakatokyoをよろしくお願いします。

ブログはじめます。
[PR]
by takatokyo | 2006-06-20 00:02 | TAKATOKYO
JAPAN 0 - 0 CROATIA
a0028959_8162288.jpg
友達の働いているカフェで観戦。結果こそ0-0で、最終戦に望みをつなげたが、相変わらず攻撃の形は見えてこない。フリーキックはゴールに枠に入らず、FWはシュートが打てない、中盤でパスを回すもディフェンスの最終ラインが突破できない・・・大いに不満。この日のクロアチアは、ブラジル戦に比べ明らかにコンディションが悪く、集中力にも欠けていたのに、あぁもったいない。大会前のドイツ戦のようなダイレクトパスで崩すプレーができれば、どんな相手でもチャンスを作れるはずなのに・・・と思っても、あれはあくまでも練習試合でのこと。とにかく、最後はブラジル戦。日本が勝てば、得失点差で決勝トーナメントに進めるかもしれない!こうなったら、クロアチアもオーストラリアも関係ない。勝ってくれ。

JAPAN 0 - 0 CROATIA / 拳組
[PR]
by takatokyo | 2006-06-19 00:14 | SPORTS
Retrospective / Michael Kenna
a0028959_9585469.jpg
東京都写真美術館で開催されているマイケル・ケンナ展「IN JAPAN」・・・、の前に会期の押し迫ったZEIT-FOTO SALONでの「Retrospective」を見に行く。展覧会チラシで初めて見た日本画のような繊細さと力強さを兼ね備えた写真は、小さなギャラリーの壁にシンプルな黒いフレームで規則正しく飾られていて、実物を目にするとさらに印象深いものでした。東京都写真美術館での展示も楽しみです。近いうちに見に行きます。この日はそれから、近くにあるPOSTALCOに立ち寄り、その後ギャラリー小柳でオラファー・エリアソンを見る。前回の原美術館ほどのインパクトはなかったけど、銀座の風景を映し出しているカレイドスコープ(?)は実物を見に行った甲斐がありました。

ZEIT-FOTO SALON
[PR]
by takatokyo | 2006-06-17 16:39 | EXHIBITION
新建築 2006年6月号
a0028959_21465481.jpg
表紙に登場、藤森氏の最新作「茶室 徹」。高過庵ほどのインパクトはないけれど、フジモリイズムが感じられる建築。今回もらしいですね-。見に行きたいですね-。

新建築 2006年6月号
[PR]
by takatokyo | 2006-06-15 21:47 | ARCHITECTURE
AUSTRALIA 3 - 1 JAPAN
a0028959_22431612.jpg
あまりあぁだこぅだ言うつもりはないけど、一番の敗因は監督の差。もちろん結果論ではあるけれど、この試合においてのヒディングとジーコ、戦略レベルの差は歴然。ジーコは神ではなかったのか・・・。

AUSTRALIA 3 - 1 JAPAN
[PR]
by takatokyo | 2006-06-13 00:41 | SPORTS



****
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30