height(s) | takatokyo.exblog.jp
<   2006年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
宮島達男展 「FLAGILE」@SCAI THE BATH HOUSE
a0028959_22434638.jpg
宮島達男の最新作 「FLAGILE」。これまでは平面的に使用されていることが多かったデジタルカウンターが、今回は(初めて?)立体的に構成されている。暗闇の中で赤く発光する数字の塊は、機械的でありながらも、生命体が呼吸をしているかのように繊細で危うい存在だった。

宮島達男展 「FLAGILE」@SCAI THE BATH HOUSE
[PR]
by takatokyo | 2006-03-30 22:43 | EXHIBITION
テッチュウ、フォーエバー!
a0028959_1728255.jpg
CET04をきっかけに、テッチュウとテッチュウメンバーの皆さんにはものすごく、ものすごくお世話になりました。建物はなくなってしまうけど、思い出と出会った仲間とはこれからもずっと。アリガトウ、テッチュウ。テッチュウ、フォーエバー!
[PR]
by takatokyo | 2006-03-25 21:17 | LIFE
藤森照信の特選美術館三昧
a0028959_23132054.jpg
「展覧会が見たくて行く美術館」もあれば・・・、「美術館が見たくて行く美術館」もある。
神奈川県立近代美術館から、モエレ沼公園まで全国27ヶ所の美術館が藤森さんの視点から紹介されています。「国立西洋美術館」→「必殺技美術館」というようにそれぞれの美術館にあだ名がつけられているのも面白いところ。ちなみに僕の到達率は8/27。まだまだ三昧の域にはほど通い。

藤森照信の特選美術館三昧
[PR]
by takatokyo | 2006-03-24 23:18 | BOOK
ARCHITEXTURE
a0028959_2275475.gif
5人の建築家がデザインした風呂敷。CETの影響もあってか、最近てぬぐいがはやってますが、次は風呂敷が来るのかも・・・。
個人的には、模様で選ぶと妹島さん、手触りで選ぶと内藤さんが欲しいです。

ARCHITEXTURE
[PR]
by takatokyo | 2006-03-20 22:16 | EXHIBITION
ジョゼ・モウリーニョ
a0028959_1723076.jpg
本屋のサッカーコーナーで見かけたこの本。内容はたいしたことないかもしれないけど、読みたくなるのは僕だけではないはず。チャンピオンズリーグ、対バルサの第1戦(チェルシーのホーム)でバルサのパス回しを封じるためにグランドに大量の水を撒いた事件なんかは、勝負にこだわる姿勢とはいえ理解不能ですから・・・。この人の頭の中が見えるのであれば、読む価値はありそう。同じサッカー監督本としては、オシムさんの本も読んでみたい。

ジョゼ・モウリーニョ
[PR]
by takatokyo | 2006-03-19 17:31 | BOOK
COFFEE AND CIGARETTES
a0028959_2324577.jpg
コーヒーとタバコを楽しみ、会話を楽しむ全11話。この映画の見所でもあるチェック柄のテーブルを真上から見る視点、最近どこかで見たなぁと思ったていたら、それは・・・トリノオリンピックのカーリング競技でした。数式を解くように赤と青のサークル上を移動するストーンと、話の相槌を打つように白黒チェック模様のテーブル上を移動するコーヒーカップ。まったく異なる映像だけど、カメラアングルを少し変えるるだけで劇的に面白く見えてしまう。

COFFEE AND CIGARETTES
[PR]
by takatokyo | 2006-03-15 00:21 | FILM
NY次世代のアートフォトグラファー24人@ラユンヌギャラリエ
a0028959_14504613.jpg
写真家と呼ばれる人達がファインダー越しに見る世界は、僕達が見ている世界とは違うみたいだ。

NY次世代のアートフォトグラファー24人
[PR]
by takatokyo | 2006-03-12 17:48 | EXHIBITION
表参道ヒルズあらため、表参道美術館?
a0028959_126382.jpg
ついに内部に足を踏み入れた表参道ヒルズは、おとなしめのファサードに比べ、まったく異なるいわゆる商業建築的空間。人の多さに圧倒されながら内部を歩いているうちに、ふと『この建築がもし美術館だったら?』という疑問が浮かんだ。一般的に美術館は、余計な装飾や機能を排除するため、空間も建築家の意図するような「素顔」に近い。一方で商業建築は、おおまかな空間操作はできるものの、それぞれが過剰な主張をする商品・内装・サイン等によって、「厚化粧」をされてしまう。商業建築としてみると、別の***ヒルズとたいして変わらない第一印象だけど、「厚化粧」の下にある「素顔」の表参道ヒルズに注目してみると、建築家の考える空間の意図が読み取れる。表参道と同じ傾斜角のらせん状スロープを中心とした空間構成、80年後の評価が楽しみだ。

表参道ヒルズ
[PR]
by takatokyo | 2006-03-11 12:21 | ARCHITECTURE
A to Z cafe
a0028959_2258190.jpg
この夏、青森で開催される奈良美智+grafの展覧会「A to Z」。その関連企画として奈良美智+grafが内装を手がけたcafeがオープンしたと聞き、さっそく行ってきました。フロアの中央には例によって小さな小屋が建てられているのはもちろん、その他にも奈良さんのドローイングつきのテーブルがあったり、奥に進むとまた別の小屋の中に席があったりというように、カフェ兼ギャラリーらしく、店内の至る所に遊び心が感じられる空間でした。・・・店内写真は撮り忘れました。

YOSHITOMO NARA + graf A to Z
A to Z cafe
[PR]
by takatokyo | 2006-03-09 23:15 | EXHIBITION
鳩時計
a0028959_9364490.jpg
ごく稀に自分の感性にピタッとはまるデザインに出会う。最近のそれが、この前ふらっと行ったシボネで売られていたこの時計。輪郭を切り抜いたフラットボードから、鳩がポロッポ~と鳴きながら出てくると思うとなんだかゾクゾクしてきます。(あくまでも音は想像・・・。)

Cuckoo forest / Pascal Tarabay
[PR]
by takatokyo | 2006-03-07 09:41 | EXHIBITION



****
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31