height(s) | takatokyo.exblog.jp
<   2005年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
旅立つ人に
a0028959_1215583.jpg
ヨーロッパへと旅立つ先輩とのしばしの別れとして、送別会を開きました。僕も今年から社会人となり、ようやく同じフィールドに立てるようになった訳だけど、まだまだ半人前。まずは、自分なりの仕事の仕方を模索することから。がんばらなくては。
[PR]
by takatokyo | 2005-08-28 13:47 | LIFE
とんがり君と四天王 / TAKASHI MURAKAMI
a0028959_23333764.jpg
噂のとんがり君を見てきました。
蓮の池に浮いていると、なんだかありがたいような・・・、気もしますね。
9/25までは、六本木ヒルズの毛利庭園にいるそうですよ。

とんがり君と四天王 / TAKASHI MURAKAMI
[PR]
by takatokyo | 2005-08-21 12:37 | EXHIBITION
仲間と過ごす夏の日
a0028959_23234546.jpg
大学の仲間が年に一度集まる夏の日。
今年はみんな社会人となり、する会話もどこか大人びている。
自分が社会で成長していくための原点を共有した仲間たち。
来年も再来年も、この関係を大切にしていかなくては。
[PR]
by takatokyo | 2005-08-20 23:44 | LIFE
マシュー・バーニー:拘束のドローイング展@金沢21世紀美術館
a0028959_21414290.jpga0028959_22213645.jpg
『拘束』という意味の捉え方が初期の『肉体的な拘束』から、最新作の「捕鯨」と「茶道」をテーマにした「拘束のドローイング9」へと徐々に『精神的な拘束』に変化していく過程が興味深かった。今回、映画という媒体で表現されている「拘束のドローイング9」。展示では断片的な映像を見たのだけれど、映画としては金沢では時間がなく見れずじまい。東京で上映する機会があれば、ぜひ見たい・・・情報モトム。

マシュー・バーニー:拘束のドローイング展@金沢21世紀美術館
SWICH Vol.23 / 特集: マシュー・バーニー&ビョーク
[PR]
by takatokyo | 2005-08-14 12:26 | EXHIBITION
11年ぶりの同級生たち・・・
a0028959_20545390.jpg
中学校の同窓会があり、11年ぶりの同級生たちが約100人大集合。ほとんど連絡をとってない友達との久しぶりの再会は、名前や顔がわからなかったりして初めは緊張したんだけど、時間が経つにつれスーッと馴染んでいく。みんなそれぞれ大人になったけど、こうして会ってみると、その人の芯にある人間らしい部分は変わらないからなのかな・・・。一次会は学校の近くにあるホテルの大広間で、二次会は同級生がやっている居酒屋でした。金沢に立ち寄りの際にはぜひともご贔屓に。

笑宿@金沢
[PR]
by takatokyo | 2005-08-13 20:24 | LIFE
PENGUIN POOL
a0028959_1848175.jpg
「暑い暑いこんな日には、プールでしょ。」
・・・ということで、ロンドン動物園のペンギンプール。
写真奥に見える「2重らせんの滑り台」は、意匠的にも構造的にも優れたデザイン。
僕がもしペンギンになるとしたら、この場所を第1希望にするだろうな-。

ペンギン・プール/10+1web site
[PR]
by takatokyo | 2005-08-07 16:54 | ARCHITECTURE
ミュージアムリンク・パス
a0028959_18444712.jpg
金沢21世紀美術館、地中美術館、森美術館の3館合同企画で「ミュージアムリンク・パス」というものが発売されているそうです。それぞれの入館料の割引券でもある無料のこのパスを持って、スタンプラリーのように周ると、「ミュージアムリンク・オリジナル特別グッズ」がもらえるとか。デザインもまあまあ。まずはこの夏、金沢21世紀美術館のマシュ-・バーニー展に行くぞー。

金沢21世紀美術館@金沢
地中美術館@直島
森美術館@六本木
[PR]
by takatokyo | 2005-08-06 18:44 | EXHIBITION
佐藤雅彦研究室展「課題とその解答」@ggg
a0028959_22285422.gif
銀座gggで今日からスタートした「佐藤雅彦研究室展」に行ってきました。佐藤さんといえば言わずもがな、ばざーるでござーる。今回は「課題とその解答」と題し、佐藤研究室のこれまでの活動内容が展示されています。見ててあらためて思ったことは、これらは『さんすう+りか+こくごの勉強』なんだなと言うこと。扱っているテーマはとてもわかりやすく小学生でも[理解できる]もの。だけれども、その考え方や発想方法などの根本的な部分は大人でしか[理解できない]もの。僕はその落差にいつもやられてしまう。

佐藤雅彦研究室展@ggg
[PR]
by takatokyo | 2005-08-04 22:30 | EXHIBITION



****
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31