height(s) | takatokyo.exblog.jp
<   2005年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ベルリン・フィルと子どもたち
a0028959_13341112.jpg
ベルリン・フィルと250人の子供達との「ダンスプロジェクト」を撮ったドキュメンタリ-映画。物事を「教えること」。そしてそこから「学ぶこと」について考えさせられる。教えるほうも教わるほうもエネルギーを費やしただけ、何かを学び成長していく。大人だからとか子供だからとか、プロだから素人だから・・・、そういったこととは関係なくね。ロイストン・マルドゥーム(振付師)とサイモン・ラトル(指揮者)の2人の言葉は、見終わったあとも強く印象に残った。

ベルリン・フィルと子どもたち
シネモンド@金沢
[PR]
by takatokyo | 2005-04-30 14:33 | FILM
「SANAA」展@金沢21世紀美術館
a0028959_11301129.jpg
GWの休日を利用して、「SANAA」展を見てきた。展示のメインはやはり、金沢21世紀美術館の121個のスタディ模型やEPFLラーニングセンターの1/20模型(デカイよマジで)などで、設計過程における模型製作を重視するSANAAらしい見せ方がされていた。さらに展示されている建築写真も、ウォルター・ニーダーマイヤー、ルイザ・ランブリ、ホンマタカシ等によって撮られており、新建築GAっぽくないのがSANAAらしい。SANAAのデザインや考え方、建築に対するスタンスは、僕らの世代に与えた影響力は少なくなく、徐々にスタンダードになりつつある。そしてそのSANAAのスタイルが今後どのように変化し発展していくか・・・、この展覧会をもとに注目していきたい。

「妹島和世+西沢立衛/SANAA」展
「世界の美術館 未来への架け橋」展 (同時開催)
どちらも、5月22日(日)まで
[PR]
by takatokyo | 2005-04-29 13:20 | ARCHITECTURE
狭くて小さいたのしい家
a0028959_131574.jpg
家づくりが楽しくなる本。平らな時代批評の事情など僕のお気に入りの本を書いている永江 朗さんが施主として、アトリエ・ワンに自邸の設計を依頼し、竣工に至るまでを自ら綴ったもの。永江さんの「住み方」へのこだわりとアトリエ・ワンの「建て方」へのこだわりが徐々にかみ合っていく過程が見えて面白かった。建築家に自邸の設計を頼もう思っている人、将来建築家に設計をしてもらいたいと思っている人に特におススメです。皆さん、ぜひこの本を読んで、建築家のポテンシャルを引き出すようないい施主になりましょー。

狭くて小さいたのしい家 / 永江 朗+アトリエ・ワン
[PR]
by takatokyo | 2005-04-12 11:29 | BOOK
真夜中の弥次さん喜多さん
a0028959_0581440.jpg
クドカン初監督のこの映画、いろいんな意味で楽しめました。主演の長瀬智也と中村七之介はもちろん、阿部サダヲ、松尾スズキ、古田新太・・・などのクドカン組をはじめとした豪華なキャスト。そして何より、時代劇の概念を絶妙にズラす心地良い展開。前半に比べ後半が間延びした感があったけど、クドカンらしさ溢れる仕上がりになっていました。まだ観てない人は見るべし。そしてくれぐれも荒川良々にはご注意を!

真夜中の弥次さん喜多さん
[PR]
by takatokyo | 2005-04-09 20:01 | FILM
新生活
a0028959_915027.jpg
4/1から働き始めました。
小規模な会社なので、研修期間とかは特になく、断片的ではあるけど実務を通して少しずつ実務を学び中。大きな会社に入った友人たちは、研修漬けの毎日みたいなんで、それに比べると自分にあっている気がするかな・・・毎日残業してるけどね。今はとにかくわからないことだらけ。用語一つ一つを確認しながら、日々奮闘してます。あと、働き出してからは、生活がいきなり規則正しくなった。でも最初だからにしておくけど、、昼御飯食べた後なんかは睡魔と闘う毎日・・・。写真は会社への通勤路である緑道。会社まで徒歩15分くらいの場所に住んでいるので、普段はチャリ通。ちなみに未だ我が家のマックはネット未接続。
[PR]
by takatokyo | 2005-04-07 09:00 | LIFE



****
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30