height(s) | takatokyo.exblog.jp
<   2005年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧
INFOMATION !!!
NYから帰国して間もないのですが、
引っ越しに伴うプロバイダ契約の関係でしばらく家でネットが使えません。
頻繁に更新ができなくなりますが、とにかくそういうことなのです。
[PR]
by takatokyo | 2005-03-28 16:05
森のおじいちゃん
a0028959_1537030.jpg
久しぶりに研究室に来てみると、机の上に緑色のムック・・・、いや違う、愛知万博のマスコット、モリゾーのぬいぐるみを発見。お菓子とかも置いてあるし、研究室の誰かがもう誰か行ってきたみたい。3/25にいつの間にか始まっていた愛知万博こと愛・地球博。今のところまだ、入場者数はふるわないみたいだけど、僕も早く行く予定建てなきゃ。実は2000年のハノーファー博(ドイツ)にも行ってたから、それとも比較してみよ。

EXPO 2005 AICHI JAPAN 2005/3/25 - 9/25
ARANZIARONZO.COM
[PR]
by takatokyo | 2005-03-28 15:37 | EXHIBITION
send-off party
a0028959_0453463.jpg
NATSblogでお馴染み、親友のnatsuki氏が4月からナゴヤで就職することになり、学部時代のサークル仲間達で送別会。新宿で飲んでたんだけど、総勢16人という、軽い同窓会状態。久しぶりに会う同期生や先輩達、ホント懐かしかったし楽しかったー!最後は店の前で胴上げなんかしちゃったりして、仲間の大切さをひしひしと感じる良い会でした。ナゴヤっていう新しい拠点での仕事や生活は期待と不安でいっぱいだと思うけど、natsukiならすぐに慣れてうまくやっていけるはず。頑張ってこいよ〜。
[PR]
by takatokyo | 2005-03-21 10:14 | LIFE
I LOVE NY !!
a0028959_23174069.jpg
NEUTRULE addictedの皆様。最近更新が滞っていましたが、実は3/10-20まで友人とNYに行ってきたとです。10日間という短い間だったんだけど、最新の現代アートからNYでno.1のホットドック屋まで、これまで以上に密度が濃く、もの凄く楽しい旅でした。旅の様子は、これから徐々に更新していこうと思ってます。楽しみにしといてくださいね−。
[PR]
by takatokyo | 2005-03-20 14:44 | LIFE
SURVIVE STYLE 5+
a0028959_21323983.jpg
ノリと感覚で見る映画。カラフルでポップな色彩、ブッ飛んだストーリー、バラエティに飛んだキャストは、さすが関口現×多田琢のCM界の最強コンビ!この映画を例えるならば、『起きてしまうとなぜか思い出せない、ハチャメチャで楽しい夢』だね。うん。

SURVIVE STYLE 5+
[PR]
by takatokyo | 2005-03-09 21:38 | FILM
Barca bow out with heads held high (4-2)
a0028959_114926.jpg
Barca said goodbye to their European dreams for this season after a thrilling game at Stamford Bridge saw Chelsea win 4-2 to go through, but only after a controversial fourth goal for the hosts...... バルサが負けた。チャンピオンズリーグ1回戦の第2戦は4-2でチェルシーに完敗。ネットのニュースで確認する限り、もの凄い接戦だったみたいだったけど、とにかく前半の3失点が大きかったな・・・。ま、チャンピオンズリーグはチェルシーに任せて、気持ちを切り替えリーガ制覇だ!

Barca bow out with heads held high (4-2) / FCBarcelona.com
[PR]
by takatokyo | 2005-03-09 05:13 | SPORTS
ARCHI LAB@MAM
a0028959_22342194.jpga0028959_23232047.jpg
森美術館で開催中のアーキラボ、噂通りの濃い展覧会でした。フランスのFRAC(地域現代芸術文化振興基金)の所蔵品が中心だったため、展示内容に多少偏りがあったものの、1950年以降の建築・都市・アートを(建築の)造形的な切り口でうまく構成していたと思う。古典主義の建築を批判することで生まれた自由な造形が、時代を追って変化しているのがよくわかった。そして象徴的なのは、アーキグラムのようなアンビルドの建築が、テクノロジーの発展した現代、形を変えて実現しているということ。展示はされてないけど、ピーター・クックのKunsthaus Grazとかね。あ〜、ただ前半をゆっくり見過ぎて、後半を流し見してしまったのがもったいなかった。最後の部屋なんかは、警備員さんに圧力かけられたし・・・。レムとかリベスキンドとかペローとかNOXとかペリフェリックとかR&Sie...とか、もっとゆっくり見たかったのに−。会期は来週までだから、まだ見に行ってない人は早く行かなきゃですよ〜。

アーキラボ / 建築・都市・アートの新たな実験展 1950-2005
[PR]
by takatokyo | 2005-03-07 20:34 | ARCHITECTURE
DELIRIOUS NEW YORK
a0028959_0424087.jpg








『この書を読まずして、現代建築を語るなかれ。/ 磯崎 新』

すいません、まだ読んでませんでした。4.5年前に半分位まで読んで挫折。その後、文庫版が出版されたりして読むチャンスが何度もあったにもかかわらず、今の今まで放棄。ちなみに建築学生は一度は必ず読むというこの本の著者は、現在、世界一有名な建築家だと言える「レム・コールハース/OMA」。現物を見に行くに当たり、なんとか旅立つ前に読破しなくては・・・。

錯乱のニューヨーク
[PR]
by takatokyo | 2005-03-07 00:43 | BOOK
カラーランドセル
a0028959_19145493.jpg

a0028959_1312373.jpg
最近気になってるのが、イオンの「カラーランドセルのCM」。CM自体のほのぼのとしたトーンも好きだけど、カラーランドセル(24色)という商品のインパクトが強く残ります。僕が小学校の時は、「男子=黒」「女子=赤」が暗黙の了解としてあったけど、今は違うみたいだね。CMの、「男の子がオレンジ色のランドセルが欲しいと言って、両親を困らせる」というストーリーも象徴的だし。ちなみにweb上のランドセル人気投票ランキングによるとベスト3は、「男の子/1位ブラック・2位オレンジ・3位ネイビー」「女の子/1位カーマイン・2位レッド・3位オレンジ」となってました。定番色は守られつつも、CMの影響か、オレンジ色が男女ともに人気ありですね。個人的には「キャメル」がいいかな。その理由は、6年間使い込むと深みがあるイイ味がでるんじゃないかなという、極めてオトナ的なものだけど。

選べるイオンのランドセル
[PR]
by takatokyo | 2005-03-06 13:13 | EXHIBITION
唐招提寺展
a0028959_032947.jpga0028959_0331251.jpg
最終日前日にようやく行けました。連日大盛況だとは聞いていたけど、美術館内は満員電車並みで大混雑で平日に行くべきだったと後悔・・・。さて、「盧舎那仏坐像」「鑑真和上坐像」「御影堂障壁画/東山魁夷」、この3つは期待通り見る価値あり◎。その中でも「御影堂障壁画/東山魁夷」は、構図の斬新さ、色使い、色合い、ぼかしの技術など、どれを取ってもすばらしかった。一歩間違えるとディズニーランドの壁紙的な扱いになってしまうような襖絵だけど、上品さという点で存在感はまったくの別物。壁面(襖絵)が実際の空間に与える影響の大きさを改めて実感しました。大学の課題で軸組(構造)模型を作ったこともあり、個人的に『唐招提寺』は馴染み深い建物。解体修理の終わる2010年が今から待ち遠しい。5年後は奈良に見に行かなくちゃ。

唐招提寺展 / 東京国立博物館
唐招提寺2010プロジェクト
[PR]
by takatokyo | 2005-03-05 15:00 | EXHIBITION



****
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31