height(s) | takatokyo.exblog.jp
カテゴリ:EXHIBITION ( 166 )
hanpanda
a0028959_4434.jpg体の半分がパンダのこやつ。キリンの微発砲サプリのCMに出ているハンパンダ。微発砲サプリ自体は、・・・な感じですが、キャラクターが氾濫している最近では珍しくグッときました。なかなかよろしい。CMにも出てるこの水色のやつは、もう半分がウサギの"ウサパン"。その他にも同じ要領で、ニャンパン、クマパン、モグパン、オラウーパン、シカパン、リスパン、ライパン・・・などなどたくさん種類がいます。キャラクター・デザインはYUKIのセンチメンタルジャーニー(偽YUKIがたくさん出てくるやつ)のプロモなどでお馴染みのアート・ディレクター野田凪さん。村上隆のDOBくんとかグルービジョンズのチャッピーとかもそうだけど、アーティストやクリエイターが「キャラクターを自分でデザインして自分でプロデュースする」ことが日本ではこれからもっと増えてきそうです。うーむ、"キャラクター"って奥が深い。(PHOTO:下/微発砲サプリのオマケで付いてたウサパン)

hanpanda by noda nagi
[PR]
by takatokyo | 2004-07-08 04:03 | EXHIBITION
mika over the rainbow
a0028959_203039.jpgラフォーレ・ミュージアムで開催中の蜷川実花写真展、mika over the rainbowに行ってきました。会場では男は少数で軽くウイテル感があったけど、それとは関係なく蜷川さんの写真には終始圧倒されっぱなし。今回の被写体は、金魚でも風景でもなく、女優やモデルの女の子。ポップでカラフルなカワイイ女の子達の姿に照れながらも、なるべく冷静な視点で写真鑑賞・・・。「over the rainbow」のタイトルのごとく会場はヴィヴィットな色に溢れていて、色を全身で大量に浴びながら、色の持つパワーを全身で吸収している気がしました。会期は7/11(SUN)まで。要チェキ。

Ninagawa MIka's Official Website
[PR]
by takatokyo | 2004-07-06 20:31 | EXHIBITION
TOP RUNNER / 大平貴之
a0028959_235045.jpg
僕を含め意外と隠れファンが多い、NHKのトップランナー(毎週日曜 19:00-)。昨日のゲストは、プラネタリウムクリエーターの大平貴之さん。大平さんが作る最新型のプラネタリウム「メガスターⅡ」は、超小型(直径45cm・重さ40kg)&超精密(従来の約2万個に対して、410万個の星を映し出す☆)のまさにハイパーマシン!!このプラネタリウムの概念を打ち破る「メガスターⅡ」は、なんと仕事の傍ら自宅で製作されているそうです。ここまででもう型破りな人なんですが、小学生からのプラネタリウムマニアっぷりはもの凄いです。ココカラ先は再放送を見て下さいな・・・【7月1日(木)24:00〜】。番組を通して大平さんの発する言葉は非常にピュアで、ものづくりの原点をみたような気がしました。立場は違えど学ぶべき点は少なくないです。
僕は以前、あるイベントで「メガスターⅡ」を見たことがあるんですが、驚くほど立体感がありとても印象的でした。児童館などにある子供だまし(?)のモノとは全然違います。大人も充分感動できます。それが今度、7/11〜日本科学未来館で常設上映されるそうです。今週末から始まる疾走するファイバー展にあわせて見に行ってはいかがでしょうか?僕ももう一回見に行こうかなぁ。

疾走するファイバー展 from "memo-ma"
[PR]
by takatokyo | 2004-06-28 23:52 | EXHIBITION
±0 / カレな気分
a0028959_31835.jpgCET04のインタビュー取材をした後、新日本橋エリアを調査し、そのまま念願の±0 ショップ@コレド日本橋へ。実物の深澤直人プロダクトは予想以上にデザインが濃厚で、まさに「堪能する」といった感じ。数ある中で8-inch LCD TV のナチュラルな曲線が最も気に入りました。しかし価格は\150,000。0をひとつ減らさないと、手が届きましぇん・・・。同時に、前から気になっていたSoccer Matのディテールも実物でチェック。これは予想通り、ハンズに行けば僕でもなんとか作れそう。
その後、これまた念願のメゾン・エルメス@銀座に初潜入。入口のドアマンに緊張しつつ、足早に8階フォーラムに向かい「カレな気分」展を見る。48枚のカレ(スカーフ)が空間に吊され舞っています。カレの視覚的な美しさはもちろん、カレを舞わせる空気音がリズミカルで心地よかった。空間デザインは吉岡徳仁、8/22まで。
[PR]
by takatokyo | 2004-06-23 03:19 | EXHIBITION
Space Ship One @USA vs Moewe @JPN
a0028959_04347.jpgソラノムコウ from "AQUA"
民間開発機の有人飛行が成功しましたね。僕もニュースで見ました。これでまた、一般人が宇宙に行ける日がまたグッと近づきました。死ぬまでに一度は行ってみたい!
さて日本で今熱い空飛ぶ乗り物と言えば、ポスペでお馴染みの八谷和彦さん開発中の「メーヴェ」。OPEN SKY というプロジェクト名のもとに、某アニメでお馴染みの乗り物を1/1で作ってます。宇宙にはかなわないけど、コッチも期待大。航空工学的に成立しているのかが心配ですが・・・。(写真は、ラジコンの1/2テスト機体。)
[PR]
by takatokyo | 2004-06-23 00:45 | EXHIBITION
1000000人のキャンドルナイト@キャットストリート
a0028959_103244.jpg
以前に紹介した、1000000人のキャンドルナイトに「イベントに行く」で参加してきました。行ったのはキャットストリート。ここでは20日夜の8時から10時の2時間、通り沿いのほとんどのショップの電気が消され(街灯や自販機にも黒いカバーがされ)、たくさんのキャンドルが道沿いに並べられていました。全体のトーンは、学生主体の手作り感あふれる感じで、良くも悪くもスローなイイ雰囲気になっていたと思います。
キャンドルの中で僕が特に気に入ったのは、右の写真の人が持っているショッピングバックキャンドル。仕組みは、半透明のバックの中にファーストフードのテイクアウトドリンクのような構造の型紙を入れ、その凹ませた部分にキャンドルの入ったビンを置くというもの。バックを持ったサクラさん達(たぶん)が、意図的に通りを回遊していた様子は、地面に置かれたキャンドルに比べ存在感があり、「ルールや見せ方がうまくデザインされていた」という点でとても気に入りました。(写真:左と中央は「hhstyle」前、右は「深澤直人」作の光る階段)
[PR]
by takatokyo | 2004-06-21 10:33 | EXHIBITION



****
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30