height(s) | takatokyo.exblog.jp
カテゴリ:EXHIBITION ( 166 )
Vik Muniz "The Beautiful Earth"
a0028959_0254372.jpg
遠目から見たときは、それが何でできているか全く意識していませんでしたが、近づいてみるとそれが大量の生活ゴミであることに気付かされます。リオデジャネイロにある南米最大規模のゴミ処理場で働く人々を、そこに集められた生活ゴミを並べて描き撮影する。メッセージがストレートなぶん、タイトルに込められたビューティフルという言葉について、強く考えさせられます。

Vik Muniz "The Beautiful Earth"|TWS shibuya
[PR]
by takatokyo | 2009-01-17 16:24 | EXHIBITION
Light Couture
a0028959_2272168.jpg
幾何学形態の中に映る繊細な陰影。
ハンドメイドによる造形は、自ら発光する生命体のようでした。

田中千尋「ライトクチュール」展|GYRE
[PR]
by takatokyo | 2009-01-16 01:08 | EXHIBITION
建築模型の博物都市 展
a0028959_115559.jpg
スタディでつくる模型は、素材感や色を排除し、空間構成や建築のボリューム感のみを表現するため、スチレンボードなどの白い素材を用いることが一般的。今回の展示は、その白模型に徹することで、同スケールの建築それぞれのデザインやコンセプト、造形力を際立たせるというおもしろい試みでした。とくに作製する模型の選定、年代やビルディング・タイプごとのグループ分けは、まさに博物学的。また、同時開催のUMUTアラカルト展のイノシシ頭骨標本群との白/白コントラストも圧巻でした。

「UMUTオープンラボ――建築模型の博物都市」展|東京大学総合研究博物館
[PR]
by takatokyo | 2009-01-14 15:13 | EXHIBITION
蜷川実花 展
a0028959_0441734.jpg
カラフルでパワフルな、めくるめく女子の世界観。そして、生と死、それぞれの絶対値。

蜷川実花展 | 東京オペラシティアートギャラリー
[PR]
by takatokyo | 2008-12-23 23:42 | EXHIBITION
OYKOT W+K TOKYO : 10 YEARS OF FUSION
a0028959_141118.jpg
"自分たちが楽しくなくちゃ、見る人が楽しいはずがない!" 夢見る高校生がロナウジーニョになっちゃうNIKEのCMなど、W+Kのすべての活動に共通するのは、そんな遊び心。

OYKOT W+K TOKYO : 10 YEARS OF FUSION | ggg
[PR]
by takatokyo | 2008-12-19 01:41 | EXHIBITION
金沢アートプラットホーム2008
a0028959_2337238.jpg
KOSUGE1-16の巨大サッカーゲーム「AC-21」やトーチカのペンライト・アニメーション「PIKA PIKA」など、21美での展示中心にしか見れませんでしたが、美術館のフレームを広げた展示からは、いつもの企画展にはない親近感を感じました。

金沢アートプラットホーム2008 : 金沢21世紀美術館
[PR]
by takatokyo | 2008-11-23 16:35 | EXHIBITION
歴史の歴史
a0028959_035133.jpg
[放電場]と[雷神像]、[海景]と[観音像]、掛軸に入れた洋画や写真というように、それぞれの展示空間は、杉本氏の頭の中を可視化させたような「見立て」の美学が際立つ。宗教、科学、そして歴史。それらあらゆるレイヤーをひとつに統合できるのが、アートなのだろう。

杉本博司 歴史の歴史 / 金沢21世紀美術館
[PR]
by takatokyo | 2008-11-22 15:05 | EXHIBITION
ダブルクロノス 展
a0028959_0544872.jpg
どんぐりを拾いながら森の茂みをぐんぐん進んでいくと、急に足を滑らせて穴に落ち、気が付くと昼寝中の大きくてやわらかい生き物のおなかの上だった。・・・そんなサツキとメイのような気持ちになれる、大西麻貴さん+百田有希さんのインスタレーションでした。

ダブルクロノス展 / 瑞聖寺アートプロジェクト
[PR]
by takatokyo | 2008-11-21 00:56 | EXHIBITION
SMOKE LINE
a0028959_0225785.jpg
果てしない地平線とそこに漂う風、という風景。

SMOKE LINE / SHISEIDO GALLERY
[PR]
by takatokyo | 2008-11-15 23:22 | EXHIBITION
I Love Art 9 青い風が・・・展
a0028959_853428.jpg
ヨーゼフ・ボイス、アンディ・ウォーホル、キース・ヘリング・・・と、当時最先端の海外アーティストを紹介し続けていたワタリウム。いまや歴史になりつつある彼らの作品からは、時代を切り取る鋭さは弱まった反面、時間を経て深まる表現の力強さを感じます。

I Love Art 9 青い風が・・・展 / WATARI-UM
[PR]
by takatokyo | 2008-11-09 13:51 | EXHIBITION



****
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31