height(s) | takatokyo.exblog.jp
英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展
a0028959_1421579.jpg
デミアン・ハーストの「牛 (Mother And Child Divided)」とマーク・ウォリンジャーの「熊 (Sleeper)」。この2つがどうしても見たくて森美術館へ。どちらも批評性が高く、良くも悪くも社会に対してのインパクトが大きい作品なのですが、そういう作品(アーティスト)をちゃんと評価するターナー賞はすばらしいですね。また会場では・・・、楽しそうにはしゃぐアイ・ウェイウェイさんの姿も見かけました。

英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展 / 森美術館
[PR]
by takatokyo | 2008-06-28 15:41 | EXHIBITION
<< ツバメ調査2008-3 SKY DECK >>



****
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のトラックバック
IGLU blog スタ..
from IGLU blog
80mmの茶のみ話
from komipibuDAYS
デザイン話とコーヒーとド..
from Afterhours web..
カテゴリ
全体
ARCHITECTURE
BOOK
CET
EXHIBITION
FILM
LIFE
MUSIC
PHOTO
SPORTS
TAKATOKYO
以前の記事
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
more...
検索
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧