height(s) | takatokyo.exblog.jp
ガレとジャポニズム
a0028959_2144462.gif
アール・ヌーヴォーの芸術家「エミール・ガレ」と19世紀ヨーロッパにジャポニズムのムーブメントを起こした「日本美術」。展覧会では、ガレ作品と日本の美術品を同時に並べることで、作品のモチーフからその思考に至るまで、日本の美意識がガレに与えた影響の深さを秀逸に表現していました。ガレ作品では、最後の部屋で待つ、脚付杯『蜻蛉』の妖艶な美しさが必見。また、宮川香山の蟹という、意表をつくアクセントもさすがでした。

ガレとジャポニズム / サントリー美術館
[PR]
by takatokyo | 2008-03-23 17:04 | EXHIBITION
<< めがね 桜開花 >>



****
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31