height(s) | takatokyo.exblog.jp
建築の記憶
a0028959_2174038.jpg
現代建築では、建築家が建築のコンセプトをより明解に伝達するための手段として、儀式的な竣工写真を得意とする建築写真家ではなく、建築以外を専門とする写真家に撮影を依頼するようになってきました。その一例が、鈴木理策さんによる青森県立美術館の写真。建築を「静物」としてでなく、青森の厳しい自然の中に息づく「生物」として撮っているかのようで、その場所に訪れた時に感じる空間の臨場感が的確に表現されていたと思います。展覧会は、お城から現代建築までテーマ別に構成されており、建築写真を通して建築史や設計プロセスを概観するという、面白い試みでした。

建築の記憶 −写真と建築の近現代− / 東京都庭園美術館
[PR]
by takatokyo | 2008-03-01 17:17 | EXHIBITION
<< ブルータス兄弟 うるう年のうるう年。 >>



****
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31