height(s) | takatokyo.exblog.jp
Bye Bye, Nam June Paik
a0028959_22535758.jpg
以前から作品は知っていたけど、その人物像についてはほとんど知らなかったナム・ジュン・パイクさん。今年の1月に亡くなった、韓国の現代美術の第一人者。韓国に生まれたあと、日本に移住し、東大を卒業するなど日本にも馴染みが深く、その後はドイツ、NYと活動の場を移している。メディア・アートの第一人者と呼ばれるパイクさんの作品は、メディア・アートとはいえ、現在あるような最新のデジタル技術を使ったインタラクティブなものではなく、メディアの使い方は極めてアナログ(*もちろん活躍していたのが60年代頃~というのもあるのだけれど・・・)。それだけに、TVに映像を映すような作品にも、人間身があふれ、親しみを覚えてしまうのが不思議。展覧会では、樹木を使った大きなインスタレーションから、書道のようなものまで様々なタイプの作品が展示され、坂本龍一さんらによる記念ライブも開かれるそう。会期は10/9まで。芸術の秋ですから。

さよなら ナム・ジュン・パイク展 / ワタリウム
[PR]
by takatokyo | 2006-09-23 14:53 | EXHIBITION
<< IKEJIRI INSTITU... 永山祐子展 >>



****
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31